閉じる

ここから音声ブラウザ用のリンクです。

音声ブラウザーをご利用の方、弱視の方はこちらのページが便利です。

音声ブラウザ用リンク終了です

トップ > TABLE FOR TWO > TFTとは



TFTとは
TABLEFORTWOは、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病に同時に取り組む、日本発の社会貢献運動です。
TFTのコンセプト

約650,000食の給食を提供しています
食の不均衡をなくし、先進国の私たちはヘルシーメニューをとることで、とりすぎの栄養を減らし、その減らした栄養を給食という形で開発途上国の子供たちを支援する活動です。

TABLE FOR TWOとは、「ふたりの食卓」という意味。先進国の参加者自身と開発途上国の子どもが、時間と空間を越えてふたりがひとつのテーブルを囲んでいるイメージからこの名がつけられました。
TFTの仕組み
仕組み
対象となる定食や食品をご購入いただくと、売り上げの3%がTABLE FOR TWOを通じて開発途上国の子どもの学校給食になります。
20円で、開発途上国の給食1食分になります。

学校給食は、学校給食を届ける仕組みと実績を持つ団体と協力して支援を行っています。 例えば、ウガンダでは、国連『ミレニアムビレッジ』プロジェクトと提携して学校給食の配布を実施しています。TABLE FOR TWOは、皆様からお預かりした寄付金のうち事務局活動費を除いた金額を四半期ごとに、国連『ミレニアムビレッジ』プロジェクトの窓口である米国NPO法人ミレニアム・プロミスやその他の提携団体に送金し、学校給食の費用に充てています。


TFTの実績
仕組み
TFT全体の現在の寄付給食数
2,496,316食
(2015年8月末現在)

「給食が食べられるから!」

この給食は、子どもたちの飢餓や栄養失調の克服だけでなく、
「給食が食べられるから」という、学校へ通う動機付けにもなっているのです。
給食の提供は、国づくりの支えとなって自立を促すことに役立っているのです。
ボナバナ校長先生から





おためしセットはこちら