お買いものカゴ

今季分は完売しました。たくさんのご注文をありがとうございました。

はちみつパイン

私が初めてはちみつパインを食べた時、何より衝撃的だったのが、そのはちみつのようなしっかりとした甘さと「芯までまるごと食べられる」というそのコンセプトでした。
パイナップルの芯は捨てるもの、と思っていた私にとって、あの芯をかじった瞬間の衝撃は忘れられません。その衝撃をいろんな人に味わってほしくて、家族や親戚、友人、あらゆる人におすすめしては、感動してもらっているフルーツです!(スタッフ・牛田)

お客さまから感動のお声が多数寄せられる大人気商品!

お客さまから感動のお声が多数寄せられる大人気商品!

毎年1回は買います
毎年、春先の楽しみです。普通のパイナップルは舌先にえぐみが残る感じがしますが,これは全然ありません。届いた日に、一切れ食べ、残りは一口大に切って冷凍庫へ。ヨーグルトに入れたり、子どものお弁当に入れたりしています。(はとさま)
美味しい!
普段はスーパーで売ってるカットパインを購入していますが、甘さが全然違います!芯まで美味しく頂きました。(するめさんさま)
最高!
パイナップルは舌がジンジンするのであまり好きではなかったけど、このパイナップルは最高!芯まで食べれるしとっても甘くて美味しい!スーパーのパイナップルはもう食べれないほどです!次回からはオイシックスで注文します!小学生の息子も大絶賛してます!(ゆっちゃんさま)
ものすごくおいしかったです
本当に芯までいただけました!固いイメージの芯が、全ていただけるので、捨てるところが少なくてエコですよね〜とっても甘くて、ものすごくおいしかったです。生産者の張さま、どうも有り難うございましたm(_ _)m (めぐさま)
パイナップルのイメージが変わりました
最初に香りを楽しみ、柔らかな食感と糖度の高さにびっくりしました。そして芯まで当たり前のように食べられることに驚き、パイナップルのイメージが変わりました。ひりひり感が全くないのは、減農薬のおかげでしょうか。早速おかわりを購入したいと思いましたがすでに完売とのこと、来年楽しみにしております。 (Azukiさま)
毎日食べたいくらい大好きです
パイナップルはそんなに甘くもないし、舌がピリピリするのであまり好きではなく、買って食べることはありませんでした。半信半疑で試しに注文してみたら、なんと、ほんとに甘くて、舌もピリピリしなかったんです。こんなにおいしいパイナップルがあったんだと感動しました。このパイナップルだったら毎日食べたいくらい大好きです。何度もリピートしています。 (あずりんさま)
おいしくて、ビックリ
芯まで食べられると言うことでしたが、ちょっと不安でした。切ってみると、甘いであろうというキラキラした色にビックリ。説明書のとおり、皮だけむいて芯のまま食べてみたら、キリキリした味が全くなく、とにかく柔らかくて甘くて!!子供達も、1人半分ずつを完食。5個を注文したのに、あっという間に無くなってしまいそうです。早速、弟と妹の家に送ってあげることにしました。おいしくて、ビックリするはずです。 (yuumさま)
また来年も食べたいです!
届いてすぐ冷して食べました。熟しているのにピリピリしないし、こくのある甘さなのにさっぱりしていてたくさん食べても全くしつこくない〜。とてもおいしかったので、また来年も食べたいです! (ぴかさま)
驚くほど甘かったです!
驚くほど甘かったです!芯も実と同様に甘く、皮を絞ると本当にジュースができました!スーパーで買う、熟したカットパインとは比べ物にならないほどこの「はちみつパイナップル」は甘い!!驚きです! (なつひろさま)

▼続きを読む▼

※内容については個人の感想であり、お客さまによって個人差があります。

Oisixのパイナップルの中でも、群を抜いて人気

「今年は、まだですか?」「いつごろから販売になりますか?」 お客さまからそんなお声が寄せられる、毎年大人気のフルーツ「はちみつパイン」。Oisixのパイナップルの中でも群を抜いて人気があるはちみつパインの特長は、

  • はちみつのように、甘い!
  • 芯までなめらか!まるごと食べられる!
  • 安心・安全にこだわって作られている!

では、なぜそんなに甘いのか?なぜ、芯まで食べられるのか?はちみつをかけて育てるから?違います。そこには、次のような理由がありました。

はちみつのように甘〜い理由

はちみつのように甘〜い理由

はちみつパインが栽培されているのは、気温が高く雨が少ない、台湾の南西部、屏東(ピンドン)。石ころがガラガラで、栄養分は決して豊かではないものの、水はけに優れた土壌で育てられています。
その温暖な気候も土壌もパイナップルの原産地であるブラジルに似たものがあります。だからこそその環境を最大限に生かし、水や肥料を極力抑えて栽培することで、糖度があがり、パイナップル本来のおいしさが最大限に引き出されるのです。

芯までなめらか、まるごと食べられる理由

芯までなめらか、まるごと食べられる理由

芯まで食べられる特別な品種を、じっくり完熟させているから

はちみつパインの品種は、パイナップルの一大産地、屏東では大人気の「台農17号」。
日本のお米でいう「コシヒカリ」のようなブランドパイナップルなんです。一般的なパイナップルは真ん中の芯の部分は固く甘味も少ないので通常切り取って捨てますが、この台湾産の完熟パインは芯の部分も柔らかいのが特長です。

水はけの良い圃場でじっくりと完熟するのを待ったはちみつパインは、芯にも筋張りがなく、なめらか。芯までサクサク食べられるから、捨てるのは皮だけ!これぞ「真」のパインです。

安心して皮のギリギリまで食べられる理由

安心して皮のギリギリまで食べられる理由

除草剤不使用!草取りは人が行うから

広大な面積のパイナップル畑では、雑草がいっぱい!やむなく除草剤を使う農家さんが多いのが現状です。

でも、はちみつパインの草取りは、除草剤ではなくすべて「人」が行います。みなさんもよくご存知のパイナップルのあの鋭い葉っぱの茂みでの草取り。それは根気のいるとても大変な作業です。でも、生産者の張さん・郭さんたちは、「安心して食べて いただきたいから」という強い想いで手間暇を惜しまず、栽培されています。だから、私たちははちみつパインであれば、安心して皮のぎりっぎりまで食べられるんです。

生産者の張さん・郭さんからのメッセージ

生産者の張さん・郭さんからのメッセージ

赤ん坊のように大事に育てたはちみつパインです。パイナップルは植えてから収穫まで1年7ヶ月近くかかります。その間、まるで赤ん坊の面倒を見るかのように慎重に育てています。それは私たちのパイナップルを食べていただけるすべての人においしく味わってもらうためです。

見た目の大きさよりも、糖度や食感など本来のおいしさを求めるお客さまに喜んでいただけるよう取り組んでいます。

はちみつパインの畑から緊急速報!

生産者、張さん・郭さんとともに、はちみつパインの栽培管理を行ってくれているサプライヤーの金子さんより、現地視察のレポートが届きました!

気温が高く雨が少ない、台湾の南西部、屏東

水も与えず、肥料もなく、自然の力を最大限生かしつつ、スパルタに育てられたはちみつパイン。出始めのヌーボー期(3月ごろ)は、天候の影響もあり味が安定しづらく、いろいろなお声をいただいてきました。

今年は、そんなヌーボー期でも、天候がどうであれ、安定した味になるようにと、赤土圃場に限定したり、肥料設計を見直したりと対策を立てて取り組んできました。

気温が高く雨が少ない、台湾の南西部、屏東

2月上旬には、葉が紅葉してきていたはちみつパイン。金子さんから届いたサンプルをOisixバイヤーが試食したところ、下の部分で糖度が16〜20度あり、芯もやわらか!ヌーボー期(出始めの時期)ならではの、さわやかな甘さでおいしかったですよ!

はちみつパインの楽しみ方

まずは生でメロン切り!

まずは生でメロン切り!

同じパイナップルでも、箇所によって糖度は異なります。パイナップルは葉元からおしりにむかって、糖度が高くなっていくのです。そのため、まずは、届いたら縦にカット(メロン切り)にして、葉からおしりにむかって食べ進めていってください。

\はちみつパインの熱狂的なファン!/
スタッフ牛田の「芯も皮も楽しむ極うまレシピ」

「芯だけを楽しむおいしいレシピ」

  • お肉が驚きのやわらかさに!「オリエンタル生姜焼き」
  • 一気におしゃれになるっ!「シーフドとはちみつパインのマリネ」

お肉が驚きのやわらかさに!「オリエンタル生姜焼き」

用意するもの
  • はちみつパインの芯、はちみつパインの皮
  • 豚ロース肉
  • しょうゆ
  • しょうが
作り方
A:しょうゆ:酒=2:1に、しょうがのすりおろしとパイナップルの芯のすりおろし、皮の内側に残った実のすりおろしを入れる。
  1. 漬けダレAをつくり、豚肩ロースをいれて、揉む。15〜20分ほど漬けておく。
    (写真のように、パイナップルの皮ものせちゃってください)
  2. フライパンに油(分量外)をひき、お肉を中火で焼く。
    ※焦げつきやすいので、様子をみて水を足す
  3. お肉が両面やけたら、漬けダレをまわしいれ、少し煮立てれば完成!

※漬けダレに「おろしにんにく」を入れるのもおすすめです!

一気におしゃれになるっ!「シーフドとはちみつパインのマリネ」

用意するもの
  • はちみつパインの芯
  • 海老・ほたてなどの魚介類
  • ミネラル塩
  • パセリ
  • オリーブオイル
  • ピンクペッパー
作り方
  1. はちみつパインの芯は、5mmぐらいのさいの目にカットし、ミネラル塩であえておく。
  2. パセリ、パクチー、フェンネルなどのハーブ類(今回はパセリ使用)を刻み、[1]と一緒に、オリーブオイルに入れて混ぜる(これでソース完成)
  3. フライパンでソテーしておいた海老ほか魚介類の上に、ソースをかけピンクペッパーを散らして完成!

▼レシピを見る▼

行楽シーズンに注目の的!みんな大好きはちみつパイン!

行楽シーズンに注目の的!みんな大好きはちみつパイン!

これから気温があがり、暖かくなってくると、外でお弁当を食べる機会も増えてきますよね!そんな時にもはちみつパインは大活躍!ちなみに、我が家ははちみつパインに出会って以来、春の運動会を始めとする弁当フルーツは、必ず「はちみつパイン」です!

子どもたちが「このパインははちみつパインっていって、芯も食べられるんだよ〜!」とお友達におすそ分けすることも、もはや恒例行事!みんなに喜ばれる、はちみつパインです。