ここから音声ブラウザ用のリンクです。

音声ブラウザーをご利用の方、弱視の方はこちらのページが便利です。

音声ブラウザ用リンク終了です

トップ > 離乳食下ごしらえレシピ一覧 > カリフラワー

離乳食下ごしらえレシピ

カリフラワーの離乳食下ごしらえ

1年中出回りますが、旬は冬〜春。やわらかくなりやすく、すりつぶしやすいのでゴックン期から使用できます。

カリフラワー

ポイント

鮮度が落ちやすいので、届いたら早めに小房に分けて下ごしらえし、冷蔵・冷凍保存しましょう。フライパンに1-2cm高さの水を注ぎ沸騰させ、蓋をして5-6分ゆでればかんたんです(大人用は3分ほどがゆで時間の目安)。軸の部分も、皮を厚めにむき、一緒にゆでればおいしく食べられます。白く仕上げたい場合はレモン汁や酢を加えてゆでましょう。

時期ごとの調理方法

【ゴックン期】
ゴックン期カリフラワー

【下ごしらえ】
やわらかくゆで、穂先の部分だけをすりつぶしなめらかなペーストにする。少々の湯でのばすと食べやすくなる。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包むか、製氷皿に入れて冷凍する。ミルクや豆腐、じゃがいもと合わせてポタージュに。りんごなどの果物ペーストと合わせても◎

【モグモグ期】
モグモグ期カリフラワー

【下ごしらえ】
やわらかくゆで、穂先をそぎとるとみじん切り状に。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包むか、製氷皿に入れて冷凍する。ツブツブ感が気になるときはとろみをつけるか、他の食材と混ぜる。ツナ缶や納豆と和えたり、ミルクや牛乳を加えてクリーム煮に。クリーム煮にお粥や食パン、マカロニを加えればアレンジ自在!

【カミカミ期】
カミカミ期カリフラワー

【下ごしらえ】
指ではさんで軽く力をいれたらつぶれる位のかたさにゆで、穂先を中心に5-10mm角に切る。軸の部分は3-5cm長さのスティック状や4-5mmの角切りにする。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包む、または製氷皿に入れて冷凍する。スティックはそのままでカミカミの練習に。大根やにんじんと合わせてミックス野菜を作り、冷凍ストックしておくと良い。ミルクでのばしたペーストや、刻んでツナ缶やたまごそぼろと合わせたディップを食パンに塗ってサンドイッチにするのもおすすめ。

一覧



※飲酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売は固くお断りさせていただきます。

おためしセットはこちら
120

× もう出さない

× もう出さない
閉じる