ここから音声ブラウザ用のリンクです。

音声ブラウザーをご利用の方、弱視の方はこちらのページが便利です。

音声ブラウザ用リンク終了です

離乳食下ごしらえレシピ

パプリカの離乳食下ごしらえ

ピーマンよりもやわらかく甘みがあるので離乳食に向いていますが、独特の風味があるため無理に早くから使う必要はありません。色鮮やかなので、彩りが足りないときに便利です。

パプリカ

ポイント

皮は口当たりが悪いので、モグモグ期までは皮むきが必要です。皮は、しっかり焼くかゆでた後に手でむきます。皮をむく下ごしらえが大変なので、カミカミ期から始めるのがおすすめです。

時期ごとの調理方法

【ゴックン期】
ゴックン期パプリカ

【下ごしらえ】
種とわたを取り除いて、やわらかくゆで、皮をむき、すりつぶしてなめらかなペースト状にする。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包むか、製氷皿に入れて冷凍する。そのままおかゆの上にのせると彩りがきれい。粉ミルクや豆乳でのばしても◎。

【モグモグ期】
モグモグ期パプリカ

【下ごしらえ】
種とわたを取り除いて、やわらかくゆで、皮をむき、みじん切りにする。みじん切りにしたものを耐熱容器に入れ、炊飯器で加熱しても良い。とろみをつけると食べやすい。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包むか、製氷皿に入れて冷凍する。ピーマンやアスパラなどと一緒に使ってカラフルに。おかゆやパスタのトッピングやスープ煮にするのがおすすめ。

【カミカミ期】
カミカミ期パプリカ

【下ごしらえ】
指ではさんで軽く力をいれたらつぶれる位のかたさにゆで、4-5mmの色紙切りにする。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包むか、製氷皿に入れて冷凍する。ひき肉と合わせてそぼろ煮にしたり、納豆や豆腐と和えても。じゃがいもマッシュに混ぜておやきにするのもおすすめ。

パプリカを使った離乳食レシピ

一覧



※飲酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売は固くお断りさせていただきます。

おためしセットはこちら
120

× もう出さない

× もう出さない
閉じる