ここから音声ブラウザ用のリンクです。

音声ブラウザーをご利用の方、弱視の方はこちらのページが便利です。

音声ブラウザ用リンク終了です

トップ >  妊娠期コラム一覧 >  泣くほどがんばらなくていい!体重管理

Oisixプロママ
アドバイザー 産婦人科医 宋美玄先生

産婦人科女医、医学博士、性科学者で2児の母。現役産婦人科医として都内の病院で診療を続けながら、メディアでは様々な女性の悩み、妊娠・出産などについての積極的な啓蒙活動を行っている。『産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK』(メタモル出版)など著書多数。

泣くほどがんばらなくていい!体重管理

厚生労働省は、妊婦の体重増加は7〜12kg(標準体重の場合)が望ましいとしています。※1医師も助産師も、口をそろえて「それよりは増えちゃダメ!」コール。体重が「前回の健診から3kg増えた」というだけで、ひどく怒られ、泣きながら帰ってきた…という話も聞きました。でも、もともと肥満の人が過剰に太る、標準体重の人でも20kg以上増えるというような極端な場合は問題ですが、標準体重の人が15kg増だったとしても、泣くほど落ち込まなくて大丈夫!

「太ると帝王切開になりますよ!」なんて脅す医師、助産師がいるそうですが、必ずしも産道に肉が付きすぎたという理由で帝王切開になるとは言えません。そもそも産道に肉がつく=帝王切開、というほど、お産は単純なものではありません。適正な体重に保つことは大切なことですが、イコールお産の命運を握る!というわけではないので、そこは理解しておきましょう。

また、太っている人も、妊娠中に体重を減らしてはダメ。妊婦さんの栄養状態が悪いと、2500g未満の体出生体重児が生まれやすくなり、合併症を発症しやすく、成人してからも生活習慣病になりやすいといったリスクがあります。※2 また、私たちの体内では糖質が足りなくなると、脂肪やたんぱく質を分解してエネルギー源に変えようとしますが、同時にケトン体という物質が作られます。このケトン体が増えすぎると、胎児の発育に悪影響を及ぼすリスクがあります。※3とくに妊娠初期に母体が飢餓状態になると、赤ちゃんのIQが低くなるリスクがあるとも言われています。※3

たとえば妊娠前から太っていたとしても、「妊娠前の体重±12kg」に達してしまった場合にも、食べすぎに気を付けながら、赤ちゃんの未来のためにもきちんと栄養を摂りましょう。

※1厚生労働省.妊産婦のための食生活指針「健やか親子21」推進検討会.(Guideline)
http:www.mhlw.go.jphoudou200602h0201-3a.html.2006.
※2 Hypertension. 2000 Nov; 36(5):790-4.
※3 N Engl J Med. 1991 Sep 26; 325(13):911-6.

みんなが気になる「コレってどうなの?」

「太ると妊娠中毒症になる」って本当ですか?

「妊娠中毒症」は昔の名称で、今では「妊娠高血圧症候群」といいます。そして実は、太ることと直接の因果関係はありません。原因ははっきりとわかっていませんが、なんらかの理由で胎盤へと向かう血管が縮んでしまったときに血圧を上げることで赤ちゃんに栄養を送ろうとするため、また母子間の免疫も関係していて、高血圧になると考えられています。
上半身がむくむ、目がチカチカして頭痛がするなど、普段と違う症状を感じたら産婦人科医に相談をしてくださいね。

妊娠糖尿病になってしまいました。
食生活が悪かったのでしょうか…。

糖尿病と聞くと「ぜいたく病」とか「生活習慣病」というイメージが強いようですが、必ずしも食べすぎたり、体重が増えすぎたりするとなってしまう、という単純なものではありません。実は私もなってしまったのですが、もともとやせ型で、体重増加も少なすぎたくらいでした。
リスク因子としては、家族に糖尿病の人がいる(遺伝)、太っている、35歳以上である、妊娠高血圧症候群であることなどが挙げられます※1
妊娠糖尿病になったら、定期的に検査を受けるとともに、自分でも毎日血糖値を測定しコントロールしましょう。重要なのは、体重ではなく『血糖値』のコントロールです。赤ちゃんが飢えないように必要なカロリーを摂取しながら、1日に必要な食事を6回に分けて摂るなどの工夫をしていきます。

※1 日本糖尿病・妊娠学会 http://www.dm-net.co.jp/jsdp/qa/e/


※飲酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売は固くお断りさせていただきます。

おためしセットはこちら
× もう出さない

× もう出さない
閉じる