ここから音声ブラウザ用のリンクです。

音声ブラウザーをご利用の方、弱視の方はこちらのページが便利です。

音声ブラウザ用リンク終了です

トップ > 離乳食下ごしらえレシピ一覧 > ミニトマト

離乳食下ごしらえレシピ

ミニトマトの離乳食下ごしらえ

甘みがありやわらかいので、ゴックン期から使えます。大玉トマトよりもミニトマトの方が甘みが強いです。

ミニトマト

ポイント

消化や口当たりをよくするために、皮と種、ゼリー質の部分は取り除き、最初は加熱してあげましょう。皮むきは、ミニトマトを丸ごと冷凍して、水を張ったボウルに入れればかんたん。皮がはじけてつるっとむけます。モグモグ期からは、生でもOK。カミカミ期からは皮など取り除かなくてもOK。ただ、赤ちゃんの食べ方の様子をみながら進めましょう。

時期ごとの調理方法

【ゴックン期】
ゴックン期ミニトマト

【下ごしらえ】
皮と種、ゼリー部分を取り除いたものをすりつぶし、なめらかなペースト状にする。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包むか、製氷皿に入れて冷凍する。酸味が強いものは、加熱すると食べやすくなる。りんごやいちごと合わせるのもおすすめ。

【モグモグ期】
モグモグ期ミニトマト

【下ごしらえ】
皮と種、ゼリー部分を取り除いたものを2〜3mmのみじん切りにする。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包むか、製氷皿に入れて冷凍。みじん切りトマト、にんじん、玉ねぎすりおろしを一緒に加熱すればトマトソースに。チャック付き保存袋に薄く伸ばしいれ、箸などで線をつけてから冷凍すれば、必要な分だけ取り出して解凍できる。スクランブルエッグにかけたり、ツナ缶や鮭、白身魚と和えるだけで1品完成。

【カミカミ期】
カミカミ期ミニトマト

【下ごしらえ】
皮や種は除かなくてもOK。そのまま、5mm位に切る。

【ストック、アレンジ】
1食分ずつラップに包む、または製氷皿に入れて冷凍する。削り節や粉チーズと和えてサラダにしたり、たまごやひき肉などのたんぱく質と合わせると旨みがアップ。

ミニトマトを使った離乳食レシピ

一覧



※飲酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売は固くお断りさせていただきます。

おためしセットはこちら
120

× もう出さない

× もう出さない
閉じる