ここから音声ブラウザ用のリンクです。

音声ブラウザーをご利用の方、弱視の方はこちらのページが便利です。

音声ブラウザ用リンク終了です

TOP > null

トップ

null

null

お客さまの声
規格: 1袋(約600g)
目安: 4〜6本
生産地: フィリピン
生産者: ロバート・セバスチャンさん他
農業歴: 57年
栽培基準: null
※2004年4月1日より、栽培基準の表記が変更になりました。新基準の表記について

★商品調達が不可能になった場合、欠品や代替品(生産者・産地相違等の商品を含みます)でのお届けとなる場合がございます。  詳しくはこちら
★加工品の賞味期限表記について
賞味期限 到着後1日保証とは、到着日当日中となります。
賞味期限 到着後2日保証とは、到着日+1日となります。

■ ロバート・セバスチャンさん他 からのメッセージ

ロバート・セバスチャンさん他

■じっくり栽培で甘みが深い

通常のバナナに比べて約2倍の時間をかけて栽培されます。ゆっくり成熟する分、甘みの深いバナナです。シュガースポットが出るころ(全部茶色になる)でもおいしく召し上がれます。青さが残っている状態では歯ごたえがありますが、黒い斑点(シュガースポット)が出た頃になるとモチモチした食感になります。

■1本でも栄養満点

バナナは私たちが活動するためのエネルギー源として大変優れています。なぜならバナナの中の糖質は、ブドウ糖、果糖、ショ糖、でんぷんなど多様で、体内に吸収される速度がそれぞれ異なるので、スタミナが長時間持続するのです。そのため、スポーツ選手などにもとても好まれて食べられています。またバナナにはカリウムやマグネシウムなどのミネラルのほか、ビタミン類や食物繊維も豊富に含まれており、まさに栄養満点の果物といえます。お子様のおやつや忙しい朝にもおすすめです。

■バナナのおすすめ保管方法

バナナの保管方法に困ったことはありませんか?バナナを取り扱っているプロが教えてくれた、とっておきの保管方法をご紹介します。
■ポイント1:届いたバナナは袋からすぐ出してください。(※袋に入れっぱなしにすると、皮の水分が飛んでしまいます)
■ポイント2:加湿をする。(※霧吹きがあれば使用する。なければ、湿らした新聞紙で包む)
■ポイント3:保管温度は12~20度がベスト。冷蔵庫の野菜室で保存してください。
≪注意≫バナナはお届けしている最中も、まだまだ成長しています。温度管理が悪いと変色したり、割れることがございますので、予めご了承ください。

【ご注意】防カビ剤など、輸送途中のポストハーベストは行われていませんが、日本に入国する際には、必ず青酸ガスで薫蒸処理(殺虫のため)を行っています。しかし、青酸ガスは揮発性が非常に高く、バナナなどに残留することはないとされています。予めご了承ください。
また、バナナは黄色く熟したものを配送すると、クールによる低温障害(皮が黒くなる等)が起きる可能性があるため、現在若干青い状態でお届けしております。常温(16℃以上)で、2~3日追熟させれば黄色くなりますので、それからお召し上がりください。新聞紙に包んでビニール袋に入れて密封しておくと、追熟が早まります。

■保存方法

冷蔵庫に入れると皮が黒くなり、軟化しやすいので常温で保存し、良い香りがしてきたころが食べごろです。




※ページに掲載している画像は、盛付・調理イメージの場合がございます。

お客さまの声

感想フォーム

■「null」の感想募集中です!
    オリジナルの使い方やレシピなどもありましたら、ぜひお寄せください。

ニックネーム
タイトル:
ご感想:
※なお、こちらにいただきましたご意見に関しましては、個別にご返信させていただくことができません。何卒ご了承ください。
※投稿者名はニックネームで掲載させていただきます。
※いただきましたコメントは、当社および提携サイト等の媒体に掲載させていただく場合がございます。
※コメントに特定の個人や企業名が記入されていたり、法令等に抵触するような表現が含まれている場合に、当社の定める表記ルールに基づき、一部修正をさせていただく場合がございます。

■ご返信が必要なお問い合わせにつきましては、下記にメールか電話にてご連絡ください。

メールアドレス: cs@oisix.com
フリーコール: 0120-016-916

※飲酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売は固くお断りさせていただきます。

おためしセットはこちら
外食支援
120
× もう出さない

× もう出さない
閉じる

現在、定期宅配とは別での都度購入を一時停止しております詳細を見る
ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

サクッと!Oisixコースではご利用いただけません詳細を見る
ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。